子育て世代の中には頼れる方がいらっしゃらず、孤独な子育てをされる方もいます。
子ども達は宝物であり、日本の未来を担う大切な存在ですから、人としての土台をつくる乳幼児期から、まちぐるみで子どもを育てる「まち」にしたい。
安心して産み育てる流山市を実現するため、子育て支援機能の拡充と連携強化について多くの提言を行っています。

【重点項目】

  • ・子育て世代包括支援センターの仕組み構築(各種相談、一時預かりなど地域子育て支援センターの機能強化、電子カルテシステム導入など)
  • ・児童虐待防止の推進
  • ・子育て情報発信の強化
  • ・保育園と学童における保育の質向上の推進

妊娠期からの子育て支援

一般質問(市政全般に対する提案)

平成29年第4回定例会 一般質問① 子育てが困難な(特に多胎児を持つ)ご家庭に対する支援策について

成29年第4回定例会では、第2回定例会で提言し研究すると答弁頂いた件について、成果を伺いました。 提言は、子育てが困難な(特に多胎児を持つ)ご家庭に対し、ファミリーサポートの助成や子育てヘルパー派遣は導入できないのかで、…

一般質問(市政全般に対する提案)

流山版 子育て世代包括支援センターの構築に向けて(H29.3議会:一般質問①)

流山版「子育て世代包括支援センター」の構築はどのように行っていくのか質問いたしました。 「子育て世代包括支援センター」とは下記3つの基本要件を満たすよう、自治体の関係機関が連携して切れ目ない支援を実施できるようにすること…