川崎市議会議員の小田理恵子議員から 為書きが届きました

川崎市議会議員の小田理恵子議員から為書き(候補者へ向けて激励の意味を込めて贈るポスター)が届きました。

小田議員は、ここが変だよ地方議会(こちら) などのキャッチーな発信もさることながら、
保育園内の児童虐待対策などの勉強会を開催、国に陳情されるなどして、発信力と政策提言力、両方を備えている方で憧れの議員でした。

今後は、自治体同士で連携しながら、一緒にやっていきたかった方なのに、先日引退される事を知ってかなりショックを受けていた矢先でした。Facebook上で、統一地方選挙に立候補される議員のために、為書きを書かれていることを知り、小田さんに認められる議員は、素敵な方なんだろうと羨ましい気持ちでいました。

議会終了後で「腱鞘炎でつらい」と書いてありましたので、「私も(頂きたい!)」と無邪気にお願いすることをしなかったのですが、本日郵送で届きました。

「突破力と論理力が同居する稀有な存在」

そう書いていただきました。率直に嬉しいです。
私は頑張らなければならないと気の引き締まる思いです。

私は完全無所属議員として、政策を基点として多くの議員の方々とつながっていきたい。
政策について方向性が合意できるなら、どの方とも大いに議論して、今より一歩でも二歩でも現状改善につなげていきたい。逆にダメな政策は是々非々で対峙していきます。
 
小田議員の思いを紡いでいきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA